スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学で始めるバスケ

ファンダメンタルの日に中学からバスケを始めた男子が2人来ました。
恐る恐る教えると、恐る恐る聞いてやってました。
横には同じ学年のベテラン2人がキャッキャッと、自由自在にボールを扱ってシュートを決めている。4、5年のキャリアの差は圧倒的。

この差はどうにかなるんだろーか。何から始めるんだろーか。
帰りに、家でもずーっとハンドリングしててね。とは言ったけど。

空間意識持ちながら走れる。
走りながらキャッチ、パス。
止まるべき位置でゴールを向いて止まれる。
シュート、パス、ドリブルの判断を間違わない。
自分のタイミングでシュートが出来る。
ニュートラルボールを支配する意識
攻守の切り替え

全部いっぺんに身につくサーキットないべか。
スポンサーサイト

上手い≠強い

新聞で書いてたサッカーの話し。
フェイントが上手いブラジル出身日系のプロに「フェイントやって見せて」と頼んだら「相手はどこ?」
リフティングの上手い別の選手に何回出来るって聞いたら「3回」。パスを受ける、かわす、シュートまでに必要なリフティングは3回でいいと。
いわく、フェイントもリフティングも勝つための手段、ゴールを決める手段であって目的じゃない(先週の朝日)。

バスケットボールもパス、ドリブル、シュート。
レッグスルーもダブルクラッチも相手をかわして、自分のタイミングで確実なシュートを決める手段。レッグスルーもダブルクラッチも出来なくても、勝ったチームが強いのである。

キツいのと楽しいの

どちらのミニバス少年団かは忘れてしまいましたが、ひとつの少年団の中に勝負にこだわるグループと、楽しく身体を動かすグループに分けてるチームがあるんですね。
楽しくやるグループにいても、勝負グループに移るのもありなんですね。
人数多いとありなんだろうけど…

キツイ練習を楽しく感じて勝負にこだわる少年団。楽しいなぁと思ってやってたら、知らずにきっつい練習をニヤニヤやってる少年団。
プロフィール

YOICHIBDASH

Author:YOICHIBDASH
余市ミニバス少年団B-DASH二代目団長!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。